スイーツ>> 和菓子>> おかき>> のりおかき

パリっサクっツ〜んなわさび風味の揚げもち餅の笛【おかき・せんべい】

価格:¥840- カードOK 送料別 税込み


■商品コード:nikko-okaki:10000154
わさびの香りとほど良い辛さを、独自の技法で味付けした焼き海苔で、一本一本手巻きした贅沢な揚げ餅。商品内容餅の笛(海苔巻揚げ餅わさび風味)22本入り原材料もち米(国内産100%)、植物油脂、味付けのり(のり、しょうゆ、わさびパウダー、その他)、でん粉分解物、食塩、砂糖、香辛料、ガーリックパウダー、調味料(アミノ酸等)、香料、(原材料の一部に小麦、えび、大豆を含む)もち米使用量国内産もち米100%使用賞味期限90日備考徳用巾着袋入り 揚げ サラダ のりわさびの香りとほど良い辛さを、独自の技法で味付けした焼き海苔で、一本一本手巻きした贅沢な揚げ餅。 海苔のパリパリ感、揚げ餅のサックリ感、ワサビの香るタイミグ、三拍子バランスが揃ったおかきです。通常わさびの風味は、抜けやすいのですが、口にいれた瞬間にわさびが香る様にしています。海苔の巻き方にも秘密があり、常にパリパリとした食感がお楽しみ頂けます。 <しっ得?豆知識その5>昔、お正月の鏡開きの時に、乾燥しひびの入った鏡餅を、手や木鎚で割り、 それを煎ったり揚げたりしたものがおかきの原点だと言われています。 かきもち(欠き餅)から、おかき(お欠き)へとなったのでしょう。 自然乾燥でじっくり乾いたおもちで作るおかきは、当時の人々にはごちそうだったのでしょうね。 <しっ得?豆知識その6>おせんべいの原型は、弥生時代ぐらいの頃からあったようです。 主に穀物を餅状にして、平たく加工した状態の食べ物のようです。 その頃のおせんべいはどんな味だったのでしょうか? 食べてみたいですね。


レビュー平均:5.0
 
商品カテゴリ
おすすめサイト
アクセスカウンター